報告

検討

HOME | 報告と検討5山科区椥辻LECREE総合鍼灸高倉

 

9.  パニック症(パニック障害)における鍼灸治療
 
・不意に、個別に、苦痛・不安感・動悸・胸痛・窒息感・発汗・ほてり・悪寒・めまい・などの症状が生じるパニック発作(短時間)、将来の発作の不安感(予期不安)、広場恐怖を特徴とする。
薬物療法として、
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や、ベンゾジアゼピン系(抗不安薬)が選択される
……続く
 
胸脇苦満(きょうきょうくまん):肋骨弓下部や側脇部の苦しく張った感覚、抵抗感 → 肝,胆(かん,たん)の病変
心下痞鞕(しんかひこう):心窩部、みぞおち部分の抵抗や圧痛 → 心(しん)の病変
このような東洋医学、漢方学における所見も多い。
 
当院では背部や頚肩部への刺鍼と共に、疏肝や安神寧心などを治則とする。
百会、内関、太衝などを基本穴とし、その他灸治なども加える。
窒息感・動悸へは寛胸を目的とし胸部(壇中穴、玉堂穴、紫宮穴など)への浅い刺鍼、灸治を行い、
めまい症状が生じる場合は頚部、頬部への刺鍼をも行う。......続く
 

10.  更年期障害における鍼灸治療
 
・主な治療法としては
ホルモン補充療法、
エストロゲンパッチ、
漢方では加味逍遙散、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸などが選択される場合が多く......続く