報告

検討

HOME | 報告と検討3山科区椥辻LECREE総合鍼灸高倉

 

5. 手術侵襲における鍼灸 術後の鍼灸治療
 
・ 術後疼痛に対する鎮痛効果や、術前鍼通電による手術侵襲における免疫抑制系路抑制の示唆、術後の腸管運動促進などついては様々な臨床、また研究論文と出会わせていただいた。
臨床鍼灸によって生じる作用機序、またはその可能性を思慮深く案じるのは有意であり、患者様が軽快の道を辿るのには不可欠であると存じる。
 
・ 鍼通電刺激は、手術侵襲による ACTH,ノルアドレナリン,アドレナリンの上昇を抑制し、NK細胞活性抑制,リンパ球芽球化反応の抑制を防止、または回復を促進させることが示唆されている。
 鍼灸とは運動器疾患や疼痛疾患のみならず、自律神経系や内分泌系を介して、消化器疾患、その他疾患、または免疫能回復の一助を担う物理療法である......続く
 

6.  背部 腰臀部における鍼灸治療
 
 ここでは、背部、腰部の痛み、急性腰痛発作(ぎっくり腰)や慢性的な腰痛、また、臀部より下肢への痺れ・違和感などが生じるものについて述べたい。
 
・ まず、背部(上腰部)の痛みである。患者様の指し示す部に硬結が存在する場合が多いが、更に上方、肩甲間部にトリガーが存在することも少なくない。下記、腰部 臀部でも述べたいが、殊更、症状に対し広く注視する気立てが重要であると感じる。
 
 ・ 腰部に関しては、急性腰痛発作(ぎっくり腰)、慢性腰痛をはじめ、数々の症例と関わる機会に恵まれた。
 特に得気、響き感を重要視する部位であるとも感じる。
 

    

 
 (1)腰部から臀部にかけて伏臥位での低周波置鍼療法(鍼通電)を行った後、 (2)側臥位での雀啄術、屋漏術を行う。 側臥位である方が、より繊細な刺鍼が出来ると考えるからである(用いる鍼は細いものに限る)。
(1)(2) は両輪であると考えるが(2)の刺術の重要度は高い。
 
 また、急性腰痛発作では大層な得気、響き感が生じるが、柔らかな手捌きで安心感を与えるのが望ましい。
 
 ・ 腰部の痛み、下肢への痺れ症状は臀部が原因であることも少なくない。臀皮神経障害は腰痛を、また、臀筋梨状筋がトリガーとなり、腰痛や坐骨神経痛様の症状を生じさせることがある。
その場合も、低周波置鍼療法(鍼通電)を行った後、上記の刺術を行うのが最も良い。
また、腰から腹部へ帯状に生じる痛みの場合は腰方形筋へ細やかな鍼を用いて刺鍼を行う。
 
(3)最後に、体動しながらの運動鍼を施す場合がある。
 
急性腰痛発作(ぎっくり腰)では1-2回で快方へ向かう例がほとんどである。
細い鍼を用いた丁寧な鍼術は、痛みの緩和に優れている。